★人気の水牛を印材としてオリジナルの印鑑を作成してみませんか?お気に入りの銀行印を★

役所に登録している重要な印鑑である実印に次いで重要性の高い銀行印は、認印の一種であるとは言え、お金を管理するためにセキュリティ性の高さや重厚感・耐久性の高さが重視されています。銀行印の印材として高い人気を誇っているのが水牛素材であり、印材の王様でもある象牙と同様の角牙素材となっています。水牛の角から作成される印鑑は、高い耐久性を誇っており、外見は世の中に2つとない自然な茶色の美しい模様が特徴とされています。黒水牛と同じ「芯持ち」と呼ばれる部位ががあるため、耐久性に関しては申し分ありません。色合いとして、純白に近くなると価値があると言われており価格も高額になります。また、粘度が高いため朱肉と高い親和性があるとされており、捺印性の高さも特徴の一つとなっています。動物の角を印材としているため、人間の爪に近い特徴を持っていますが、数少ない弱点として乾燥に弱いことが挙げられます。乾燥を防ぐためには、保管時に印鑑ケースを用いた上で、陽の光が当たりにくい日陰で保管しておくと問題ないでしょう。水牛素材の印鑑は、価格として3,000円台で販売されているものから1万円を超えるものもありますが、貴重性や高級感によって価格は変わってきます。銀行印比較ランキングは、印鑑の素材からオススメ通販サイトまで幅広く情報を公開しています。また、印鑑選びのポイントとして知っておきたい基礎知識もコラムにて詳しくご紹介しています。銀行印比較ランキングを参考に、お気に入りの銀行印を作成してみてはいかがでしょうか。

印鑑 水牛はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です