★血液を固まりにくくするお薬・プラビックスのジェネリックを知ろう!一般消費者も必見★

虚血性脳血管障害の再発防止や、経皮的冠動脈形成術が適用される虚血性心疾患、末梢動脈疾患の血栓・塞栓形成の抑制に用いられるのがプラビックス錠です。主に、狭心症や心筋梗塞といった病気が虚血性心疾患に分類されており、こうした治療の際に投与される薬としてプラビックスは多くの患者が処方を受けています。サノフィ・アベンティス社が製薬会社として先発薬を開発・販売していますが、2015年6月に特許切れとなったため、日医工株式会社によって発売されるオーソライズドジェネリック「クロピドグレルSANIK」をはじめとする各社がジェネリック医薬品として販売を予定・実施しています。このオーソライズドジェネリックとは、先発医薬品メーカーから特許使用許諾を受けて製造されるジェネリックであり、原薬・添加物・製造方法が同一であり先発薬とほとんど同様の製品を販売することが許可されています。既に先発薬を使用している患者様であっても、オーソライズドジェネリックなら使用感に関する不安や抵抗感を少なくすることが可能であるため、違和感なく移行することが期待出来ます。プラビックスの特許切れは最近の事であり、さまざまな後発薬には効果量の測定といった実証データが求められています。ジェネリックレビューは、医療関係者の方や一般消費者の方向けにジェネリック医薬品に関する情報を広く公開しています。ジェネリックレビューを参考に、効果の高いジェネリック医薬品を利用して賢く医療費を節約していきましょう。

FireShot-Screen-Capture-#203---'ジェネリックレビュー-I-ジェネリックレビュー'---generic-rev_com_#

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です